激安コーチ 財布、コーチ バッグ 新着、品質満点、送料無料


「コーチ(COACH)」という言葉の語源は 「大切な人をその人が望むところまで送り届ける」という意味でつかわれていました。そこから 「人の目標達成」と言う意味でつかわれるようになりました。その後、「コーチ」は個人の目標達成を支援する存在として スポーツを主な分野に発展を遂げるようになりました。

その後 米国企業を中心にして、人間中心のマネジメントの中でコーチングが重要なスキルとして位置づけられるようになり、活かされるようになりました。

コーチングは有名な学者がつくりだした理論でもありません。もともと様々な組織で人の力を自然に引き出して成果を上げている「ネイティブコーチ」と呼ばれる人達を観察して、行動特性を体系化したものです。目新しいものではありません。

コーチングは今、様々な分野で「人を活かし、成果を上げていくツールとして進化し続けています。

最近では「人生をより豊かに生きていく為にどう設計していくか?」というテーマから「ビジネスマンが企業でのマネジメントに活用したい」というニーズにまで多種多様に活用されるようになってきました。民間企業に加えて 教育機関医療機関士業福祉業界専門職等々と幅広く活用されています。

「組織マネジメントにおける 人材開発手法」として認知が高まりはじめ、持続可能な企業を目指してリーダー育成、風土改革の為にコーチングを導入し始めています。


コーチングとは

一言でいえば 「影響力のある対話を通して、潜在能力を開花させて クライアントの目標達成を支援する会話のプロセス」です。スポーツ選手は自分の能力を最大限発揮し高い成果を上げる為にコーチを必要としています。そして今、自らの能力を最大限に発揮するためにビジネスの世界でもパーソナルな世界でもコーチを持つことは特別なことではなくなってきています。

コーチングは有名な学者がつくりだした理論でもありません。もともと様々な組織で人の力を自然に引き出して成果を上げている「ネイティブコーチ」と呼ばれる人達を観察して、行動特性を体系化したものです。目新しいものではありません。

コーチングは今、様々な分野で「人を活かし、成果を上げていくツールとして進化し続けています。

20世紀は 人は仕組みやシステムを進化させて成果を上げ続けてきました。その間に社会構造が大きく転換し不確実な要素が多くなり 人の価値観が大きく変化してきています。人間関係にひずみや弊害が表れてきました。

21世紀は お互いの関係性の中で磨き合い高め合って、無限の可能性を発揮しながら豊かになる時代になっていきます。人を生かす(「活かす」を含めて「生かす」)関わり方がKeyになってくると思います。

このように人間関係を構築していく場面でコーチングは万能ではありませんが 非常に有効に活用されるツールです。